海外でインターンをしたKさんへのインタビュー「アメリカが教えてくれたこと」

こんにちは、JobwebでJobさせて頂いている桑原です。
今回はアメリカでインターンをしていた、Kさんからお話を聞く事が出来ました。

●日本から飛び出したキッカケ●
「高校でやっていた、カンボジアの子供たちに教育機関を作ると言うNPOの活動に参加し『面白い』と思ったのです。」

この経験から社会起業や海外で働く事に興味を持ち、ソーシャルアントプレナーの集まるニューヨークへ行く事を決心したそうです。

ー英語の勉強はどのようにしたのですか?

「大学受験がなかったので、その間必死に英語の勉強していました。例えば、NHKのラジオ講座を聞いたり、大学へ行ってからは外国人の友達を作ったりと・・・けれども、現地へ行くと全然ダメで(笑) ノリで乗り切っていました。もちろん、あっちへ行ってからも勉強はしましたけど。」

ただ、実際に海外に出てみると、英語以外の学びが必要な事を知らされたとKさんは言います。

「現地の人に会うと必ず日本の事を聞かれるんですよ。『○○は~なんだよね?』『△△さんは素晴らしい人だよね』とか。トップの人ほど、相手の国の文化を学ぼうという姿勢が強く現れる。そこで答えられないと『あ、コイツ教養の無いヤツなんだな』と思われてしまうかもしれません。馬鹿にされないよう、英語の勉強と同時に日本の事についても学んだ。」

僕たちは留学を考える時に、どうしても英語の学習だけに目がいきがちですが、
海外へ出ることで得られる重要な学びの1つは「現地の人とのふれあい」です。
日本から出る前に、一度自分の国について学び直す事も重要なのですね。

●アメリカでの経験●

ーアメリカでの1年間はどのようなものだったのでしょうか?

「最初、インターンをする会社への採用が決まっていたのですが、状況の変化により『受け入れられない』と言われました。その後、日本人などが集まるパーティーに出席した時に、ある日本の有名アパレス会社の社長さんに出会い、一緒に海外支店を出すお手伝いをしました。その後、以前からどうしても働きたいと思っていたNGOの団体に、その社長さんのツテでインターンをする事が出来ました。」

ーツテですか?

「そうです。ある日社長に『ここで働きたいんです!』とお願いしたんですよ。そうしたら社長が『ああ、このNGOなら、リーダーと知り合いだから紹介してあげるよ』って言って・・・すんなりと入っちゃいましたね」

僕自身も現在のJobに携わらせて頂いているのは、ツテが大きな力を果たしています。
やはり、自分がどうしても働きたいと思っている所に行く為には、人脈でも何でも
利用できる物は利用して、チャンスを掴む事が大事なんですね。

海外でのインターンでグローバル感覚が身に付いたとKさんは話します。

具体的には「スピード感」「成果主義」の2つ
「何をするにも早かった。インターンをしていた時は、営業が短い時間で終わってしまったり、契約も短期間での成立。日本で言う銀座の松屋クラスの大手デパートに行った時も、経営側の人が『いいよ』と言って、短期間で出店が決定した時があったんです。日本にはこのスピード感は無いですね。」
「成果主義」は日本でもよく聞かれますが、KさんはNGOの時の出来事がとても印象に残っているそうです。
「僕たちとは別のチームが結果を出せずに失敗してしまった時があったんです。そうしたら、そのメンバーの何人かは解雇されていました。それを見て以来『なんとしても成功させないと』と思いながら、仕事に取り組んでいました(笑)他にも大変だった事があって、海外のクライアントとのミーティングの時とか、こっちが夜のときにクライアントの国は昼だったりするんですよ。なので、Skypeにいつでも対応できないとダメなので、耳にイヤホンをつけながら寝ていたりしてました(笑)」

以前セミナーの講師をして頂いた神田氏・柿山氏・喜氏も日本から出た事によって学んだ事を現在のビジネスに生かしておられます。
僕たちは「海外へ行く」と言うと、どうしても語学力を気にしてしまい、尻込みしてしまいます。
しかし、Kさんも神田氏も英語ができたから日本を飛びだしたのでは無いと、お話を聞いていると感じられました。

●最後に●
現在Kさんは日本に戻ってきて就職活動中。ネット業界に就職を希望しています。
「アメリカでは今、 facebookとかtwitterなどのSNSが流行ったことで、インターネットがホットな分野なのです。なので、これからは自分自身で世界に勝負を仕掛けていきたい。その為に今はコードをずっと書いています。」
と語るKさんに、大学生へ向けての言葉を頂きました。

「大事な事は2つです。1つ目は『夢中になること』です。勉強が忙しい、サークル活動が忙しいと言い訳してはダメです。2つ目は、先ほども述べましたが「教養を身につける事」です。人として幅を広げる事が大事だと思います。」

Kさん、貴重なお話ありがとうございました!

Jobwebでは、グローバルキャリアを目指す人の為のビジネスプログラム
「グローバルチャレンジプログラム講座」
の第1期生を募集しております。
http://intern.jobweb.jp/company/show/company_id/1053/type/entry/entry_id/3276
説明会が5月12日、5月27日、6月15日に開かれます。
3回の説明会とも、定員に若干空きがございますので、
興味を持たれた方は、ぜひ参加してみてください。

また、5月30日に早稲田大学国際会議場第一会議室にて
株式会社ネクスト代表取締役社長 井上高志氏をお招きし
キャリアサポートセミナー「私の大学生時代とキャリアの作り方」
を開催します詳細はこちら↓
http://koji.jobweb.jp/?p=4395

« »