Job学生にインタビュー:実務を通じて学んだ「ビジネスの基礎の基礎」の大切さ

カテゴリ:

皆さん、こんにちは。ジョブウェブの桑原です。
本日は「Job生の声」と称しまして、日本データビジョン株式会社でご活躍中の、
梅本周平さんと世話人である辰澤康伸さんにインタビューを行いました。



(日本データビジョンで活躍中の梅本さん。凛々しいです。)

インターンを始めようと思ったきっかけは「知的好奇心」でした

ー現在はどんなお仕事をなさっているのですか?

梅本さん:日本データビジョンには、3つの部署があります。1つが新卒アウトソーシング、2つ目が国際人財開発、3つ目が行政サポートで、僕は今2つ目の、国際人財開発でインターンをしています。主な業務は、企業の人事担当者様へのテレフォンアポイントや情報のやりとり。テレアポが取れれば、社員の方との営業同行もしています。留学生採用イベントの告知のために、自社会員に向けてのDM作成もしています。以上が現在の主な業務です。

ー今回は、なぜインターンを始めようと考えられたのですか?

梅本さん:今回、日本データビジョンへ応募をしたのは「日本の採用現場の内側を見てみたい」という好奇心からでした。もともと、採用のあり方に関心があったんです。大学でも人材採用は主に研究をしていたテーマで、最近だと、日本における女性の採用について論文を書いたりしていました。「スキルの習得、経験を積むこと」が一般的な長期有給インターンをはじめる理由だと思いますが、僕の場合は「もっと採用の内側を知りたい」という知的好奇心が一番でしたね。

ーなるほど、知的好奇心ですか・・・確かにふつうインターンシップと言えば経験やスキルを求めますよね

梅本さん:ただ、スキルが欲しくないと言えば、嘘になってしまうかもしれません。「自分でキャリアを決めたい」という欲・・・でしょうか?兎に角、主体的に自分のキャリアを決定していきたいという考えがあります。感覚的に、自分の働き方を自分で決められるだけの実力は身につけたいと考えますね。将来の夢として・・・働く場所にこだわるのではなく、自分のライフサイクルに合わせて働き方を決められるようになりたい・・・手に職を付けるに近い感覚かもしれませんね。

ーなるほど、なかなかに壮大(?)な夢ですね・・・ちなみに隣で梅本さんの世話人をなさっている辰澤さんが控えていますが・・・辰澤さんに、梅本さんの最初の印象をお伺いしてみたいです。



(右側が、世話人の辰澤さん。笑顔の爽やかな方でした。)

辰澤さん:一言で表すと生意気なやつだなと思いました。話し方といい、考え方といい、態度といい・・・ただ、それだけではなくて、「素直さ」が梅本くんには備わっていることに気づきました。注意したことはすぐに直そうとする姿勢はとても素晴らしいと感じています。今回インターンを受け入れようと思った動機の1つとして「社内に新しい風を取り込みたい」という思いがありました。もちろん営業力の強化という面もありますが、学生ならではの雰囲気や勢いが、社員のモチベーションアップにつながると考えていました。まさに、梅本くんは「新しい風」になってくれていると感じています。

ーそうなのですね、ちなみに、今後ご応募いただくインターン生に求める要素は何がありますか?

辰澤さん:そうですね、素直な方というのはもちろん、梅本くんのように生意気な・・・良い表現をすると「自信のある方」がいいなと感じています。自信を持って意見を言えるというも重要で、尚かつ指摘された点を素直に改善できる・・・「梅本くんがもう一人」というイメージでしょうか?生意気で素直な方の募集をお待ちしています!

日本データビジョンでしか学べない、ビジネスの基礎の基礎

ー日本データビジョンでの仕事の魅力とは何でしょうか?

梅本さん:日本データビジョンでの仕事の魅力は、他のインターンと違う面があると思います。Sfirmや他のインターン紹介サイトでよく見かける「社長直下」や「戦略的マーケティング」や「新規事業に参画」といった「会社経営や事業運営に直結する仕事」は経験できないです。主な仕事は、テレアポ・営業同行・DM作成がメイン。バックヤードの仕事、外の人に見られにくい仕事です。だけど、僕は今現在、この仕事にとてもやりがいを感じています。何故か、それは「ビジネスにおける初歩の初歩を学ぶことができる」点です。



ービジネスにおける初歩の初歩ですか?

梅本さん:世の中に対して、何らかのサービスを提供するにあたって、戦略やマーケティングを考えることも、もちろん重要です。ただし、いざサービスを提供する際に、必ず発生する作業・・・「アポイントを取る」であったり、「人に知らせる」であったり・・・もっと初歩的な所で言うと「社会人としてのマナー」と言ったものが、必要となってきます。これは、どんな企業へ言ったとしても、必要となってくる能力です。「初歩」ができていないと、ビジネスを回すことすらままなりません。日本データビジョンのインターンでは、ビジネスの基礎を高いレベルで学習できる場所であると思います。

辰澤さん:営業活動というと、相手先を訪問、ヒアリング、提案、クロージング・・・といった活動を、学生の方は思い浮かべ、魅力を感じるかもしれません。しかし、前段階である「アポイントを取る」といった、梅本くんが言ったように「どこへ行っても求められる仕事」、一歩目となる業務はそれ以上に大切です。営業活動の基礎を学べるのが、弊社インターンの魅力であると思います。

ーなるほどビジネスの基礎の基礎ですか・・・確かに、テレアポやDM作成がとても重要な業務であることはとても共感できます。所謂「デキる」先輩社員の働き方をみていると、テレアポやDMがとても丁寧で、マナーにしてもそうです。テレアポは「この人なら信頼できるかも」と思って頂けるための一歩目ですし、DMにしても「このイベントに参加してみたい!」と思っていただけるための機会作りだと思います。

梅本さん:「人と人との繋がりを大切にすること」が学べるのも、このインターンの一つの魅力であると思います。急成長しているITベンチャーの役員の方や、日本を代表する大企業の人事担当者の方々にも営業活動をしていますが、その時感じるのが「人とのパイプの大切さ」です。営業活動における重要な資源として「人と人との繋がり」というものがあると思いますし、人間関係の重要性を実務を通じて体感できるのはとても魅力的だと思います。「人と人との繋がり」を社員の方々は大切にされているので、誠実な方が多いとも感じています。インターン先を決定づけたのも「鍋倉社長、社員の方々の人柄に魅力を感じた」というのが一番の理由でした。尊敬できる社員の方々と一緒に働けるのは、「人と人との繋がり」を重要な価値観として持っていた僕にとっても、非常に大きな魅力だったのです。

ー最後に、これからご応募いただくインターン生に向けて一言お願いします。

梅本さん:日本データビジョンでのインターンは、イメージしている華やかな業務とのギャップが強いかもしれません。ただし、どの企業へ行っても通用する「ビジネスの基礎能力」を身につけることの出来るインターンです。したたかに自分のキャリアを積んでいきたいという方におすすめのインターンだと思います。

辰澤さん:弊社インターンは、実社会に出て役立つスキルを身につけることができます。社会人になる前に初歩の能力を身につけたいと考えている方に、是非ともお勧めしたいインターンです。学生さんからのご応募をお待ちしています。

«