終了【参加無料】これからの日本のテレビ業界はどうなる?~迫り来るネットの波~


===================================

【緊急開催!長年TV業界で働いてきた講師が今の大学生に語る】

◆大手テレビ局に就職したい!でも実際の仕事って?番組作れるの?
◆テレビは今後どうなる?ネットの映像サービスをどう迎え撃つ?
◆これからのクリエイティブ、映像の未来を考えてみたい!

こんなことを思っている方に朗報です!大手TV局、制作会社を経て独立。
テレビ業界の「今」をよく知る方をゲストにお招きします!
===================================

みなさんこんにちは、ジョブウェブの神谷です。

今回は『これからの日本のテレビ業界はどうなる?』~迫り来るネットの波~
と題して、テレビ業界の実態を解き明かすセミナーを開催いたします。

テレビ業界に長年携わり、技術と制作を経験してきた
講師からテレビ業界の構造や特徴、キャリアパスについてお話しいただきます。

人気業界である一方で、ネットの台頭による衰退論、
メディアとしての効果減少も取り沙汰されているのもテレビ業界の一面です。

では、このままテレビは過去のものとなるのか。
それとも、ネットとの融合を果たして、再起をはかるのか?
はたまた、依然としてテレビの地位は揺るがないのか?

現場のリアルなことを知っている講師に、業界の現状と今後の展望についてお話しいただきます。

今回は初めての開催ということで、特別に参加無料で開催いたします。

大学1年生から大学4年生、院2年生まで、全学年の方が参加いただけます。

就職活動が早いイメージがあるマスコミ業界ですが、プロダクションなどは
4月から採用活動が本格化します。

まだ就職活動をしている方はもちろん、
これから就職活動を控えている方、テレビ関係に進む方、
ネット業界に進む方でネットとテレビの関わり方を考えている方にも
参考になる講座になることと思います。
是非是非お友達をお誘いの上、ご参加ください。

■講師プロフィール■

木下 浩一氏

1990年 大阪大学工学部電子工学科卒業
同年  朝日放送株式会社入社 放送実施部配属

1992年 制作技術部に異動
・映像エンジニアとしてABCのほぼ全てのカテゴリーの番組、中継を担当
・後半はテクニカルディレクターとして技術陣をまとめる

1998年 長野オリンピックに従事
その後、アメリカにて一年間R&D活動を行う
・フィルム、ビデオ、CGをロサンゼルスで学ぶ
・第4回地球温暖化防止会議ではインターネット中継を担当する
1999年 帰国後、経験を活かし関西初のバーチャルスタジオを導入

2000年 テレビ制作部に異動
・「アタック25」「クイズ紳助くん」等の人気番組のディレクター、
プロデューサーを務める

2008年 ABCの関連制作会社へ出向し、幹部としてマネジメントに携わる
2011年 ABCコンテンツ事業部へ異動し、番組のコンテンツ展開を担当

現在は、放送関連の新規事業、番組プロデュースをするラテラルを創業。
同時に、テレビ業界就職を志す学生、また新入社員を対象にした本質塾も
主宰している。

■講演内容■

*以下、基本的に「テレビ」は「地上波テレビ放送」を意味します。

第一部
テレビ業界の現状
~20年間務めてわかったあんなことや、こんなこと~
あなたのテレビの認識間違っているかもしれませんよ!

★自己紹介・略歴
★テレビ業界の構造
★制作現場の実際

第二部
テレビ業界の今後
~ネットとの共存、今後の動画ビジネスの行く末~
今後テレビ業界は衰退していくのか?それとも・・・
木下がズバッとテレビの未来を説きます!

★テレビというビジネスモデル。
現状とその強み。その本質。
★テレビを取り巻く状況
BS、CS、ケーブル…そしてネット。
★ビジネスモデルは、どう変わる?
キー局は?準キー局は?他基幹局、地方局は?
★反転攻勢の為の鍵は?

第三部
講演参加者とのQ&A
~あなたのテレビに対する疑問なんでもカモン!~
どんな質問でも受け付けます。素直な疑問をぶつけましょう!

■セミナー概要■

【日時】
5/22(火)18:00~20:00

【場所】
ジョブウェブセミナールーム
最寄り駅:六本木一丁目駅、溜池山王駅

【参加費】
無料

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

« »