≫ 登録必須!本当におすすめの就職エージェントBEST3

長期インターンとは?どこよりも分かりやすく解説

学生生活や就職活動の中でよく耳にする「長期インターンシップ」。なんとなく意味を知っていても、具体的に何をするのか、いつから始めれば良いのか、気になっている方は多いと思います。

また、業界や職種、大手やベンチャー企業など、長期インターンの募集先にも種類があり、どの企業に参加すれば迷う人も少なくないでしょう。

今回は、学生におすすめの長期インターンシップについて、どこよりも分かりやすく解説します。

この記事を読めば、どんな長期インターンシップに参加するべきか、迷わずに決めることができますよ。

長期インターンとは

長期インターンとは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験の場です。社会に出る前の学生が実際の業務を通じて、業界や職業、働くことの理解を深めます。時給が発生する有給インターンが多いため、お金を貰いながら仕事経験が積める機会と考えて良いでしょう。勤務時間は会社と相談できるため、学業やアルバイトと両立することも出来ます。

長期インターンと短期インターンの違い

短期インターンとは、1日〜1週間前後で行われる職業体験・就業体験の場です。1日開催の1dayインターンや、サマーインターン、ウィンターインターンが短期に該当します。就職活動前の学生が対象で、会社説明会や社員交流会、グループワークを通じて仕事理解を深めます。短期インターンでは報酬を支給していない企業が多く、実際の業務を体験するような機会も少ないです。業界理解や職種理解を深めるためには有効ですが、仕事に直結するスキルを伸ばすには不向きです。

長期インターンとアルバイトの違い

長期インターンは、実際の業務を通じて、業界や仕事の理解、スキル向上を目指す目的で利用します。アルバイト同様に給与が発生するものの、社会人同様の仕事をこなすため責任感も求められます。

アルバイトは、本業や学業の傍らに収入を得るために仕事をします。長期インターンとは目的が異なるため、裁量権の少ないマニュアル通りのお仕事をこなすことが多いです。

長期インターンに参加するメリット

  • 業種や業界について理解できる
  • 仕事内容を具体的に理解できる
  • 職場の人間関係や雰囲気が知れる
  • 自身のキャリア感を明らかにできる
  • 自分のスキルを見極めることがでいる
  • 参加企業から内定がもらえる
  • 社会人とのつながりが持てる

長期インターンに参加するデメリット

  • 学業や部活サークル、アルバイトの両立が難しい
  • アルバイトに比べると勤務時間が限られる
  • 東京以外の地方求人が少ない
  • 学生扱いではなく、責任と成果を求められる

長期インターンのよくある質問

  • 長期インターンの参加率は何割くらい?
  • 長期インターンの勤務期間はどのくらい?
  • 長期インターンの勤務時間はどのくらい?
  • 長期インターンの給料はどのくらい?
  • 長期インターンはいつから始めれば良い?
  • 長期インターンはいつ辞めれる?
  • 長期インターンはどうやって探す?

長期インターンの参加率は何割くらいですか?

就職白書2020によると、3ヶ月以上の長期インターンシップに参加した学生の割合は全体の2.9%でした。1ヶ月以上の長期インターン参加も全体の5.0%になります。反対に1日、1週間の短期インターンになると参加率は全体の70%を上回ります。

長期インターンの参加期間はどのくらいですか?

長期インターンの就業期間は企業によって異なりますが、一般的に「3ヶ月以上」を目安にする会社が多いです。もちろん目安期間になるため、半年以上働く学生もいれば、1年以上働く学生もいます。アルバイトに期間が決められていないように、長期インターンにも明確な期間は決められていないケースが多いです。

長期インターンの勤務時間はどのくらいですか?

長期インターンの就業時間は企業によって異なりますが、一般的に「週2〜3日以上・1日3〜4時間」が目安になります。学生なので、テスト期間中や夏合宿など、学業や部活動を優先したシフト調整をしてくれる企業が多いです。時間帯としては、平日の営業時間内(9:00〜18:00)に調整する必要があります。「月曜日は午前中だけ、木曜日は夕方から」など、勤務時間は自由に決められることが多いです。なかには土日に働くことが出来るインターンシップもあるので、平日は学業で忙しい方は土日に働ける勤務先を探してみましょう。

長期インターンの給料はどのくらいですか?

長期インターンシップの給料は、アルバイト同様「時給」による報酬体系が多いです。時給額は企業や職種、勤務地により異なりますが、時給1,000円前後が多いです。企業によっては、日給や月給、成果報酬を用意していたり、交通費や昼食代の支給、書籍代補助のような福利厚生が使えることもあります。

長期インターンはいつから始めれば良いですか?

長期インターンは大学1.2年生から始めることができます。短期インターンとは違い、3年秋から始める必要はありません。働く時間や期間も自由にシフト調整できる企業が多いため、学業や部活、サークルと両立できる範囲で始められます。大学では学べないような知識や経験が得られるため、大学1年生から始めることをおすすめします。

長期インターンはいつ辞めれますか?

長期インターンは、辞めたいときに辞めれます。退職を決めた時は、退職日の1ヶ月前には上司に相談しましょう。業界や職種、仕事の理解を進めるためには、複数の長期インターンに参加することも大切です。前向きな退職理由であれば、上司も会社もきっと応援してくれますよ

長期インターンはどうやって探しますか?

長期インターンを探す方法は複数ありますが、おすすめはインターンシップ専用求人サイトで探すことです。

  1. インターンシップ専用求人サイトから探す
  2. インターン説明会や採用イベントに参加する
  3. 企業ホームページから直接連絡する
  4. SNSで長期インターン募集を探す
  5. 大学の就職課(キャリアセンター)に問い合わせる
  6. 友人や知人に紹介してもらう
  7. 逆求人サイトを使ってスカウトを待つ

まとめ

 

今回は、長期インターンシップとは何か、参加するメリットとデメリットをご紹介しました。

要点をまとめると

  • 長期インターンは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験の場
  • 給料以上に、業界や職業、働くことの理解を深める目的で参加するもの
  • 大学1.2年生から自由な勤務時間で参加できる

長期インターンの参加を考えているひとは、是非この記事を参考に募集求人を探してみてくださいね。