フリーターの起業は失敗する?起業に必要なものやビジネスアイデア集!

フリーター 起業 失敗

フリーターからステップアップする際、起業もひとつの選択肢です。「フリーターが起業しても失敗するのでは?」と思うかもしれませんが、成功例はいくつもあります。

今回は、フリーターが起業で成功するために必要なものについて徹底解説!ビジネスアイデアも紹介します。

フリーターの就職活動なら
就職エージェントの利用がおすすめ!


 

正社員就職を考えるなら、就活サイト/就職エージェントの登録は早めがお得。紹介可能な求人数は日々変化しますし、人気のホワイト企業から採用枠が埋まっていきます。

 

就活サイトに登録すれば、求人紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削が出来るから就職活動も効率良く進められますよ。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

 

フリーター向け就職/転職エージェントおすすめ10社比較

既卒向け就活サイトおすすめ10社比較

既卒向け就活エージェントおすすめ10社比較
ニート向け就職エージェントおすすめ10社比較

フリーターでも起業はできる

「起業」と聞くと、経営を学び、従業員を雇い、資金を得て大きな仕事をするイメージがあるかもしれません。「フリーターの自分に、そんな大それたことは無理」と思うでしょう。

しかし、起業の形は千差万別。個人事業主から株式会社まで、規模や形式によって難易度は大きく変わります。実際にフリーターから起業をして、サラリーマン以上の給料を稼いでいるひともいます。

例えば、個人事業主ならば、税務署と自治体に必要な書類を提出するだけで起業できます。特別な審査はありません。

極端な言い方をすれば、従業員を雇わずあなただけが個人事業主として起業するなら、今すぐできるのです。

もちろん、起業するだけでは意味がありません。収益を上げなければ無職と変わらない状況です。また個人事業主になれば帳簿付け等、最低限の知識は必要になります。

フリーターでも起業は簡単にできますが、収入を得る手段として継続するには、やはり大きな努力が必要です

フリーター起業に必要なもの

起業は簡単ですが、成功させるのは難しいのが現実です。そこで、フリーターが企業を成功させるために必要なものについて解説します。

ビジネスアイデア

まず考えるべきは、「どのような方法で起業し利益を上げるか」というビジネスアイデアです。

思い付きで起業しても、利益を上げるのは困難です。企業を成功させるためには、自分の得意分野や商売としての着眼点を活かして、綿密に利益を上げる方法を考えなければなりません。

才能のあるひとは、自分だけで素晴らしいビジネスアイデアを思いつくでしょう。しかし、多くは起業や職種について勉強しながら、自分に合った方法を探し出します。

今素晴らしいビジネスアイデアを持っていないのであれば、いきなり闇雲に考えず、起業について地道に勉強することから始めましょう

資金

個人事業主として起業する場合、特に資金は必要ありません。開業届を提出すれば起業が成立するため、資金ゼロでも可能です。

しかし、実際に商売を始める場合、起業内容によりますが、資金が必要なケースは少なくありません。

例えば、ネットショップを開くとしても、商品を仕入れたり、商品を作るための材料を仕入れたりするための資金が必要です。

リアル店舗ならば、更に多くの資金が必要となるでしょう。ビジネスアイデアの内容によって、必要な資金額は変わります。

企業を成功させるためには、アイデアを具体化し、どれだけの資金が必要か計算する力も必須です。

一緒に働く仲間

必須ではありませんが、ビジネスアイデアによっては、一緒に働く仲間が必要になります

あなた1人で仕事を回すのが難しい場合、信頼できる仲間が起業当初からいると、非常に心強いです。仲間がいれば、その分マンパワーも大きくなるため、大きな利益につなげやすくなります。

ただし、仲間と一緒に起業した場合、失敗したときのダメージが大きくなるリスクがあるため注意が必要です。仲間の人数が多いほど、守る対象も大きくなり、起業者としての責任が重くのしかかります。

1人で起業するか、仲間を募って起業するかは、ビジネスアイデアと状況によって判断した方が良いでしょう

フリーター起業に失敗するひとの特徴

フリーター起業には、成功するひとと失敗するひとがいます。その境目はどこにあるのでしょうか。フリーターで起業に失敗するひとの特徴を解説します。

一発逆転を考えているひと

起業して大きな利益を得るためには、初期に手間のかかる準備や巨額の資金が必要です。

ノウハウやバックヤードがしっかりあれば、いきなり大きな起業を成功させることは不可能ではありません。

しかし成功事例を見て「自分にもできる」と根拠ない自信を持ち「フリーター低収入から、起業して一発逆転高収入!」を目指すひとは、大失敗する典型例と言えます。

起業して大きな利益を得るには、以下の要素が不可欠です。

  • 素晴らしいビジネスアイデア
  • アイデアを実現化する行動力
  • ビジネスを広く展開できる人脈
  • ランニングコストも含めた潤沢な資金
  • 事業を展開するための優秀な人材
  • 巨額なお金と人材を守って管理する経営力
  • 冷静な判断力、決断力

残念ながら、フリーターで上記の要素を初期から全て揃えるのは困難なため、いきなり一発逆転を狙っても、失敗する可能性が非常に高いのです。

コツコツ努力できないひと

「起業」と聞くと、とても華やかなイメージがあるでしょう。しかし、利益を上げるための仕事は、コツコツとした努力と継続の元に成り立っています。

「社長として君臨し、仕事は従業員に任せて悠々自適」を目指しているフリーターは、根本が間違っているため、失敗するリスクが非常に高いです。

雇い主から給料を得る労働者とは違い、起業は自己責任の世界。コツコツ努力できないひとが、成功できるはずありません。

起業当初は生活費分の収入を得るにも、大変な努力が必要なケースは多いです。自分がトップですから、誰も指示をしてくれません。

自分で考え判断し行動するのが起業者です。そのため、ビジネスが軌道に乗るまで、苦労を背負ってコツコツ努力できない人は、簡単に脱落していくでしょう。

就職経験が少ないひと

意外に思うかもしれませんが、就職経験は起業のノウハウに繋がります正社員として企業に就職すると、社会の縮図の世界を、身を持って経験できるのです。

就職先企業が大きいほど、人との関わりが増え、ビジネスマナーやスキルが身に付きます。起業すれば自分から仕事の営業、受注等を行うため、就職は貴重な経験値となるのです。

もちろん、働き方によってはフリーターでも就職と同等の経験値が積めるケースもあります。

しかし、正社員と完全に仕事が分かれていたり、フリーターで経験した職種が全く活かせない分野での起業を考えていたりする場合、想像と現実のギャップが大きくなります。そのため、失敗するリスクも高まってしまいます。

フリーター起業におすすめのビジネス5選

余程の得意分野や専門知識がない限り、フリーター起業はパソコン1台あれば可能なインターネットを利用したビジネスがおすすめ。

ランニングコストが非常に安く、しかも1人で起業できるので低リスクです。具体的な職種について、詳しく解説していきましょう。

ブログ・アフィリエイト

ノーリスクと言っても過言ではないビジネスが、ブログ・アフィリエイトです

以下の要素が揃えば、誰でも始められます。

  • パソコン
  • ブログを開設する費用(サーバー代等)
  • ブログ・アフィリエイトの知識

まずはパソコンを購入し、ブログやアフィリエイトで収益を得る方法を勉強しましょう。書店に行けば、マニュアル本はいくつもあります。勉強したら実践あるのみ

ブログ・アフィリエイトは収益化できるまで時間がかかるため、コツコツとした努力が必要です。最初はフリーターをしながらブログを並行させると良いでしょう。

開業届はブログの収益化が進み、「個人事業主で青色申告した方が税金対策になる」というタイミングでするのがおすすめです。

せどり

せどりとは、自分で購入したものに利益を付けて販売するビジネスですフリマアプリなどインターネットを利用すると、ほぼ仕入れ資金のみで始められます。

もちろん、仕入れが必要なビジネスなので、売れなかった場合は赤字です。手軽に始められますが、リスクは常につきまといます。

また、せどりで一発逆転大きな利益を得るのは非常に難しく、小さな利益をコツコツと続けるビジネス展開が基本になります。仕入れと売り上げが常に動くため、帳簿を付ける知識も必要です。

「趣味だけどこの分野には詳しく、価値を見極める自信がある」「情報収集が大好きで、市場の流れを把握できる」というフリーターにはおすすめです。

動画編集

YouTubeなど動画コンテンツが充実し、需要が高いという理由でフリーターにおすすめなのが動画編集の仕事です。パソコン1台あれができる仕事なので、リスクは極めて低いです。

「動画編集」と言っても、仕事の内容はさまざま。動画編集ソフトを使用するもの、アニメーション動画、パワーポイントでの動画など、多岐に渡ります。需要が多いのは、動画のカット作業やテロップ入力、音楽効果の挿入などです。

まずは、無料の動画編集ソフトをダウンロードし、実際に使うことから始めましょう。

既に経験があるなら、早速仕事を探すと良いでしょう。動画編集の仕事を探す方法としておすすめなのが、クラウドソーシングサイトです。単価は安い傾向ですが、実績を作るのに向いています。

プログラミング

同じく、需要が高くパソコン1台あればできるのがプログラミングです。まずは、フリーターを継続しながら、プログラミングの勉強を始めましょう。

元々パソコンが好きな人は、独学でもプログラミングを会得できるでしょう。独学が難しい場合は、通信教育やプログラミングスクールがあります。

準備期間が必要ですが、プログラミングの仕事は今後も需要が高い傾向なので、努力して身に付けた知識は、長期的に役立つでしょう。

商品開発

アイデアに自信があるなら、商品開発での起業を考えるのも良いでしょう。あなた独自の発想で商品開発し、企画を企業に売り込むビジネスです。

企画が通り企業と契約が成立すれば、契約料や売り上げによるロイヤリティが収益となります。発想力だけではなく、社交力、コミュニケーション力、営業力が必要な職種です。

しかし、必要経費はアイデアを具体化する材料費、企画書を作成するためのパソコン、企業に企画書を送る郵送費や持ち込むための交通費程度と非常に少ないので、低リスクビジネスとも言えます。自分のアイデアが商品となって世に出る、夢のある仕事です。

成功確率を高めるなら就職経験は必要!

フリーターから起業することは可能ですが、より一層成功率を高めたいなら、一度就職して社会人の経験をした方が良いでしょう

起業を目標にして就職先を選べば、正社員の経験がダイレクトに役立ちます。また、「過去、正社員として働いていた」という経歴は、あなたの信用度を上げる要素にもなります。

就職をする理由は人それぞれです。「就職=安定した収入を得るため」というイメージが強いかもしれません。しかし、自分を向上させ、目標を達成する過程での就職という選択肢もあります。

何事も成功させるためには、長期的な計画と段取りを踏んだ成長が必要です。将来的な起業を成功させるために、就職も視野に入れると良いでしょう。

まとめ

フリーターからの起業は充分可能です。しかし、成功するにはしっかりと準備する必要があります。準備段階で就職が視野に入るケースもあるでしょう。

大切なのは、自分の可能性を信じて努力すること。起業に興味があるなら、「フリーターが起業しても失敗するに違いない」とネガティブに考えず、成功する方法を真剣に考えてみましょう。

フリーターの就職活動なら
就職エージェントの利用がおすすめ!


 

正社員就職を考えるなら、就活サイト/就職エージェントの登録は早めがお得。紹介可能な求人数は日々変化しますし、人気のホワイト企業から採用枠が埋まっていきます。

 

就活サイトに登録すれば、求人紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削が出来るから就職活動も効率良く進められますよ。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

 

フリーター向け就職/転職エージェントおすすめ10社比較

既卒向け就活サイトおすすめ10社比較

既卒向け就活エージェントおすすめ10社比較
ニート向け就職エージェントおすすめ10社比較