フリーターがアルバイトを辞める時の理由8選!

フリーター アルバイト 辞める 理由

フリーターがアルバイトを辞める際、退職する旨を伝えるのは気まずいと感じる方も多いでしょう。

仕事内容が自分には合わない、アルバイトを続けるのが困難な事情があるなど、辞める理由を問わず、退職することを伝えずに アルバイトに行かなくなるというのは非常に迷惑がかかる行為です。

フリーターがアルバイトを辞める際、トラブルなく、可能な限り気まずい思いをせず辞めるためには、 どのような理由を伝えれば良いのでしょうか。

今回はアルバイトを辞める時に 最適な理由と、 辞める旨を伝える際の注意点について解説します。

フリーターの就職活動なら
就職エージェントの利用がおすすめ!


 

正社員就職を考えるなら、就活サイト/就職エージェントの登録は早めがお得。紹介可能な求人数は日々変化しますし、人気のホワイト企業から採用枠が埋まっていきます。

 

就活サイトに登録すれば、求人紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削が出来るから就職活動も効率良く進められますよ。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

 

フリーター向け就職/転職エージェントおすすめ10社比較

既卒向け就活サイトおすすめ10社比較

既卒向け就活エージェントおすすめ10社比較
ニート向け就職エージェントおすすめ10社比較

アルバイトを辞める時はハッキリ言う

アルバイトを辞める 行為自体は労働者として認められている権利のため 、どのような理由であってもアルバイトを辞めることそのものは可能です

フリーターがアルバイトを辞める理由は、「伝えにくい」「気まずい」と感じることもありますが、理由をはっきり伝える必要があります。

明確な理由を伝えないと、「辞めないで欲しい」と言われた時に断りにくくなったり 、辞めたいという思いが伝わらなかったりするでしょう。

さらに、アルバイトを辞めることが 分かれば、店舗の責任者も新しいやアルバイトの採用活動を始められます。

辞める理由がはっきりわかっていたほうが、 お店の責任者もアルバイト仲間も 笑顔で 「お疲れ様」と声をかけてくれる可能性も高いです。

お店のためにも自分のためにも、辞める理由ははっきり言うことが大切です。

アルバイトを辞める理由について、あらかじめ伝える言葉を準備しておきましょう。

フリーターにおすすめのバイトを辞める理由8選

フリーターがバイトを辞める際に最適な理由について、8種類紹介します。

辞める理由①:就職活動に専念したい

フリーターで就職を目指して就職したいと考え ている場合、就職活動が 今後の人生を左右する非常に重要な活動であることは店舗の責任者もアルバイト仲間でも分かることです。

通常、就職活動が行われるのは3月頃ですが 、「インターンシップがある」という理由を伝えれば時期を問わず辞められるでしょう。

既卒でインターンシップに参加するメリット

辞める理由②:資格学校・専門学校に通う

資格を取得してから就職活動をしたい場合、「資格を取るための学校や専門学校に通う」と伝えるのも良いでしょう 。

将来のための 時間の投資であり、アルバイト先から引き止められることもないといえます。

「アルバイトをしていた時間を、資格の取得や専門学校に通うことに 使いたい」と 伝えることが重要です。

辞める理由③:プログラミングスクールに通う

資格の学校や専門学校に通うことと同じですが、 プログラミングスクールに通う」と言う方法も有効です。

就職のためや将来就きたい仕事のために、勉強をするための時間を確保したいと伝えれば、お店の責任者に 引き止められないでしょう。

引き止められるのではなく 、応援してくれたり快く送り出してくれたりする可能性が高いです。

フリーターからエンジニア就職する方法

辞める理由④:やりたいことに専念したい

フリーターの方は、やりたいことができたり元々やりたいことがあり空いている時間で 時間でバイトをしているケースもあるでしょう。

そのため、「やりたいことに専念する」という理由でバイトを辞める方も多いです 。

やりたいことに専念したいという理由は前向きなものであり、お店の責任者も応援してくれる可能性が高いです。

普段から「何に興味があるのか」「何をやりたいのか」など を 話せるような関係を築いておくと 、やりたいことに専念したいと伝えた時によりスムーズに辞められるでしょう。

辞める理由⑤:家から近い場所で働きたい

アルバイトをする際、自宅の近くの勤務先が良いという方も多いでしょう。

そのため、引っ越す場合や家から近い場所により良いアルバイト先を見つけた場合には 、「家から近い場所で働きたいから」という理由で辞める方法もあります。

ただし、アルバイトを辞めるための理由が見つからないため「引っ越すからバイトを辞める」という嘘をつくと 、最終的にバレる可能性が高いため注意が必要です。

辞める理由⑥:仕事内容が合わない

アルバイト先の仕事内容は、実際に働き始めなければ分からないことも多いです。

そのため、仕事内容が合わなかったり職場の人間関係 が悪いと感じたりした場合は 、すぐに辞めたくなるケースも少なくありません。

仕事内容が自分に合うか合わないかは働き始めなければ分からず、働き始めて早い段階で気づくことが多いため 、「伝えにくい 」と思う方もいるでしょう。

しかし 、仕事内容が合わないと長期間続けるのは難しいため、 たとえ働き始めて1週間や1ヶ月でも、正直に伝えて新しいバイト先を探すことが重要です。

決断が早いほうが、自分のためにもお店のためにも なるでしょう。

フリーターにおすすめのアルバイト20選

辞める理由⑦:別の仕事をやってみたい

仕事に興味をもってアルバイトを始めた場合でも、興味を持つものが変わり異なる仕事に就きたいと感じることも珍しくありません。

他のアルバイトに興味を持って現在の アルバイトを辞めるというのは、正当な理由だといえます。

しかし、 「別の仕事に興味を持ったから辞めたい」と言うのではなく、「将来就きたい仕事に関連するバイトや、就職活動に役立つ バイトをしたい」といった理由にすると 、気持ち良く退職を受け入れてくれるでしょう。

辞める理由⑧:家族の体調が悪い

若い世代でも、 家族の介護をしている 方は非常に多いです 。

なかには正社員として勤務するのではなく、アルバイトのほうが融通が利くためあえてバイトをしながら家族の介護をしているというケースも少なくありません 。

家族の体調が悪かったり 体調が急に変化したり 、親や祖父母、 兄弟のなかに体が弱い方がいるということを知っておいてもらえると、よりスムーズに辞められるでしょう。

家族が理由で辞める場合、本人の意思や努力では 解決できないため、基本的に退職を 引き止められることも ありません。

「新しいバイトを採用するまでの間は働いてほしい」などの理由で、引き止められることも可能性も低いです。

アルバイトを辞める時の注意点

フリーターがアルバイトを辞める際には、ルールやマナーを 守りましょう。

退職の1ヶ月前までに申し出る

アルバイト先では1ヶ月単位でシフトを決めていることが多いため、 辞める1ヶ月前までには退職することを伝えるようにしましょう。

法律上では2週間前までに伝えれば良いと定められていますが、お店に迷惑がかかることも考え、1ヶ月前までには辞めることを伝えるのがマナーです。

ただし、退職する際の規定については企業ごとに決まっていたり、契約書に記載されていたりするケースがあるため、辞める前に契約書を確認する必要があります。

1ヶ月前や2週間前ではなく、すぐにでも退職したいという場合には、店長をはじめ上の人間に辞めたいことを相談しましょう。

辞める理由によっては、早い段階で退職できる可能性があります。

直接辞めることを伝える

フリーターがアルバイトを辞める理由を伝える 場合には、電話やメールではなく直接話をすることがマナーです。

アルバイト先の 責任者に、直接辞めることを伝えましょう。

仕事が終わった後、もしくはバイト先の責任者が休憩中など、手があいてるタイミングで伝えることが大切です。

辞める理由を伝える場合には突然辞める理由を話すのではなく、「少々お時間良いですか」など、 時間を作ってもらったうえで 話をしましょう。

忙しい時間帯や他の作業をしなければならない時は、ゆっくりと話を聞けないこともあります 。

話をするタイミングを逃すと、同時に バイトを辞めるタイミングも遅れるため注意が必要です。

新しい人員を募集したり面接をしたりしなければならないため、 辞めることを決めた後は可能な限り早く話をしましょう。

今すぐ辞めたいなら『退職代行』も手段のひとつ

フリーターがすぐにアルバイトを辞めたい場合には、退職代行サービスを利用する方法も有効です。

退職代行サービスを利用すると、契約期間中でもすぐに辞められるかどうか代理人が交渉してくれたり、アルバイトを突然辞める際にはもらいにくい有給についても消化できます。

また、私物を代行して受け取ってもらえることもあるためメリットが大きいでしょう。

アルバイトをすぐに辞めたいと感じている場合でも、何も伝えずに突然やめると トラブルが起こる可能性があります。

退職代行サービスを利用して、 トラブルなく即日辞めるといった方法が良いでしょう。

特に、パワハラやセクハラ、人間関係が劣悪であるなど、辞める理由を伝えるのも恐怖を感じるという場合には、退職代行サービスを 頼るのがおすすめです。

まとめ

フリーターがバイトを辞める理由を伝えるのは「気まずい」と考える方も多いですが、 マナーやルールを 守って直接話をする必要があります。

フリーターがバイトを辞める理由を伝えるポイントは、話をするタイミングです。

アルバイト先に迷惑がかからないよう、2週間前には必ず伝えるようにしましょう。