30代フリーターの末路がやばい|人生の難易度があがります

フリーター 30代 末路

フリーターを続けることで、正社員として就職できなかったり、低収入で生活し続けなければならず将来への不安が募ったりするでしょう。

また、いずれ生活保護を受けることになるリスクもあるのです。

そこで、30代でフリーターを続けることにはどのようなデメリットがあるのか、フリーターから脱却するための方法についても合わせて紹介します。

あわせて読みたい記事はこちら

フリーターは何歳まで許される?就職の限界年齢を男女別に紹介

30代向け就活エージェントを見てみる

フリーターの就職活動なら
就職エージェントの利用がおすすめ!


 

正社員就職を考えるなら、就活サイト/就職エージェントの登録は早めがお得。紹介可能な求人数は日々変化しますし、人気のホワイト企業から採用枠が埋まっていきます。

 

就活サイトに登録すれば、求人紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削が出来るから就職活動も効率良く進められますよ。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

 

フリーター向け就職/転職エージェントおすすめ10社比較

既卒向け就活サイトおすすめ10社比較

既卒向け就活エージェントおすすめ10社比較
ニート向け就職エージェントおすすめ10社比較

30代フリーターの割合を男女別に調査

労働政策研究報告書から見る、フリーターの男女別の割合は以下の通りです。

  • 男性(30~34歳):33.5%
  • 女性(30~34歳):49.2%

なお、35~39歳までのデータは公表されていません。

男性は、30代でフリーターをしている方の割合が少ないことが特徴です。

一方女性は、女性が働くことが当然となっていること、晩婚化が進んでいることなどが理由で、30代のフリーターが多いのだといえるでしょう。

参考:労働政策研究報告書No.199大都市の若者の就業行動と意識の分化「第4回 若者のワークスタイル調査

30代フリーターの悲しい末路

30代でフリーターを続けていると、どのような末路を迎える可能性があるのでしょうか。デメリットも合わせて紹介します。

①正社員就職が難しくなる

30代フリーターが正社員として就職するのが難しくなる理由は、いくつかあります。

例えば、社会人経験がないことが挙げられます。自分の強みになるようなスキルがなかったり、企業で働けるイメージがなかったりと、採用担当者が積極的に採用しない傾向にあるのです。

また、面接では社会人としてのマナーもチェックされます。

しかし、フリーターとしてアルバイトだけをしているだけでは、正社員のようにビジネスマナーを求められる場面は非常に少ないです。

アルバイトしか経験がなく、社会人としてのビジネスマナーが身に付いていないため、正社員として就職が難しくなることもあります。

フリーター就職の人気職種10選!男女別におすすめの仕事をご紹介

②アルバイト入社も難しくなる

30歳を越えると、アルバイトとして採用されることも難しくなりますそのため、早い段階で安定した仕事に就いたほうが良いでしょう。

30歳を越えても募集できるアルバイト求人は、「未経験歓迎」といった求人数が減り、労働条件が悪い求人の数が多くなる傾向にあります。

また、転職活動をする場合にも、職歴はアルバイトに関することしか記載できません。

アルバイトの経験しかない場合、面接担当者は「責任がある業務は担当させられない」と考え、書類選考も通過できないことがあります。

また、アルバイトをしている企業へ正社員登用で入社したいと考えるか方もいますが、正社員登用は優秀な人材を正社員にするものであり、単純に長期間アルバイトをしているだけでは正社員登用はしてもらえないでしょう。

正社員登用を目指してアルバイトをしていたものの、「正社員登用はできない」と言われ、他の企業への転職も難しいという事例は珍しくありません。

フリーターにおすすめのアルバイト20選!注意点や面接前に知っておきたいこと
フリーターがアルバイトを辞める時の理由8選!

③社会的信用が得られないためローンが組めない

30代のフリーターは、社会人として良い印象を持たれないだけではなく、社会的信用も得られないことがデメリットです

例えば、引越しをする際に審査を通過できず物件を借りられない、

車を購入したくてもローンを組めない、クレジットカードの審査を通過できないなどが挙げられます。

キャッシュレス決済が普及するなかで、クレジットカードを持てないことで非常に不便だと感じることもあるでしょう。

フリーターは「様々なクレジットカードの審査を受けて1枚だけ持てた」というケースもあります。

また、車の購入や引っ越しをするために、親族のサポートが必要になるのです。

④毎日将来の不安に襲われる

30代のフリーターは、正社員とは異なり昇進することはありません

長期間同じアルバイトを続けていても、時給が数十円、100円アップする程度です。

正社員と同等の業務をこなしていても、フリーターと正社員の給料に差が生じるため、仕事に対するモチベーションも保てなくなるでしょう。

フリーターでアルバイトだけをしていても努力が実らず、精神的なストレスを抱えるケースも少なくありません。

⑤金銭的な余裕がなくなる

貯金も難しく、貯蓄額も少ないなど、経済的な余裕がない生活を送ることになります

フリーターは時給で働かなければならないため、生活費や娯楽費を捻出できないケースもあります。

正社員は給料が安定しているため、学生の時にはできなかったような遊び方もできるようになることが一般的です。

フリーターは経済的な余裕がなく、正社員と同じように娯楽費をかけられなくなり、学生時代からの友人との付き合いもなくなってしまう可能性があります。

また、フリーターは一人暮らしをするのも簡単ではないため、30歳、40歳になっても実家暮らしだったり、友人の結婚式に招待させれてもご祝儀を払えなかったりすることがあるでしょう。

⑥結婚の時期が遅くなる

結婚したいと考えても、「あえてフリーターが良い」という方は基本的にいません。

正社員の方が収入が安定しているという理由で、「契約社員でも結婚したくない」というケースも多いです。

あえて30代フリーターの男性と結婚したいと考える女性は、いないといっても良いでしょう。

結婚を前提に付き合っていても、「フリーターだから結婚を反対された」というケースもあります。

⑦体力や気力がなくなってくる

年齢を重ねると運動できなくなったり体力が低下したり、若い頃であれば問題なくできた仕事でも年齢を重ねて体力が落ちて支障をきたしたりすることがあります。

正社員の場合は年齢に適した仕事を振ってくれるため、30代を過ぎて肉体労働をし続けなければならないというケースは稀です。

フリーターの場合、20代でできていた体力を使うアルバイトも、30代に入ると続けるのが困難だといえるでしょう。

⑧怪しい話に騙される

投資話やねずみ講などは、不安を助長するような言葉で勧誘します。

そのため、自分と人を比較するタイプの方や、30代でフリーターであることに不安を感じていると、怪しい話に騙されやすくなるため注意しましょう。

30代でフリーターをしており自分に対し劣等感を抱いていると、不安から逃げるために怪しい話に騙されてしまうことがあります。

また、冷静さがなく話に乗る人、相談できる相手がいない人も騙されやすいといえるでしょう。

30代フリーターの末路から逆転する方法

30代フリーターの危険な末路を迎えないために、生活を逆転させる方法を紹介します。

①就職活動をはじめてみる

30代のフリーターを積極的に採用する企業は、増加傾向にあります。

そのため、フリーターでも就職できる可能性が高いため、就職活動を実践する方法が有効です。

自分で求人サイトや求人誌を見て応募するのではなく、就活エージェントを利用すると、30代フリーター向けの非公開求人を紹介してもらえたり、面接を受けられる機会が増えたりします。

そのため、就職活動をする際には就活エージェントを利用しましょう。

フリーター就職/転職エージェントおすすめ10選|評判と選び方を徹底解説

②手に職をつける

30代のフリーターは、自分の予定を優先しやすいことがメリットです。

時間を有効活用して、資格を取得してから就職し、手に職をつけるといった方法も良いでしょう。

プログラミングといった、未経験からでも勉強して資格を取得できるようなものを選ぶのがおすすめです

フリーターにおすすめの資格と勉強法|就職に有利な資格を厳選紹介
フリーターからエンジニア就職する方法|IT業界未経験からの正社員就職

③割り切って婚活に走る

フリーターは、正社員と比較すると収入や保証面でマイナスイメージがあり、男性の場合は結婚しにくいといえます。

女性が婚活をする際には、男性の年収を重視することが一般的なため、男性フリーターの場合は婚活が難しい可能性が高いです。

しかし、女性のフリーターの場合には、男性と比較するとフリーターであるということが婚活に大きな影響を及ぼすことは可能性は低いといえます。

女性の社会進出が進んでいるものの、「女性が結婚や出産をして家庭に入る」というイメージを持つ方も多いため、女性の社会的地位や年収を重視して婚活をする男性は少ない傾向にあるのです。

そのため、女性の場合は割り切って婚活をするという方法も有効でしょう

30代の正社員就職に強い就活エージェント

30代も利用できる就活サイト

30代の利用ができない就活サイト

未経験から正社員就職!
就職Shop(就職ショップ)

就職shop

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
求人数 8,500件
エリア 首都圏・関西
対象者 フリーター・既卒・ニート
得意業界 前業界実績あり
書類選考通過率 書類選考なし
内定率 非公開
入社後定着率 非公開
運営会社 株式会社リクルート

利用者数10万人以上、株式会社リクルートが運営する対面型の就職・転職支援サービス。社会人経験不要、既卒、フリーターから未経験就職できる求人が豊富で、累計1,000社の中から企業を紹介してくれます。経験や資格をみる書類選考はありません。

就職Shopを詳しくみる

既卒・フリーター向け就職支援
DYM就職

DYM就職

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
求人数 2,000件
エリア 全国
対象者 第二新卒・フリーター・既卒・ニート
得意業界 全業界実績あり
書類選考通過率 書類選考なし
内定率 非公開
入社後定着率 非公開
運営会社 株式会社DYM

第二新卒/既卒/フリーター/ニートの転職支援ならDYM就職。転職活動のプロが正社員就職をサポート。一部上場企業からベンチャー企業まで、厳選した2,000社から書類選考なしで面接に進めます。

DYM就職を詳しくみる

既卒/フリーター/未経験就職に強い!
JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
求人数 4,000件
エリア 関東・関西
対象者 フリーター・既卒・ニート・大学中退
得意業界 全業界実績あり
書類選考通過率 書類選考なし
内定率 81.1%
入社後定着率 91.5%
運営会社 株式会社ジェイック

既卒・フリーター・未経験からの就職成功率が高く、全ての企業を書類選考なしで進むことができます。ビジネスマナーから、面接対策、履歴書の書き方まで丁寧にサポート。紹介企業は厳しい審査基準を通過しているため、ブラック企業を徹底的に除外しています。

JAIC(ジェイック)を詳しくみる

20代特化型の就職サポート
ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
求人数 2,300件
エリア 関東・関西・中部
対象者 フリーター・既卒・ニート
得意業界 前業界実績あり
書類選考通過率 非公開
内定率 80.4%
入社後定着率 非公開
運営会社 レバレジーズ株式会社

20代の既卒・フリーター・第二新卒向けの就職サイト未経験でも正社員就職できる企業を多数紹介。マンツーマンだから自分にあった社風の求人が見つかります。学歴や職歴は一切不要、利用実績も高く安心感がありました。

ハタラクティブを詳しくみる

まとめ

30代でフリーターを続けていると、将来経済的に困窮したり、社会的弱者になったりといったリスクがあります。

事情があってフリーターを続けているという場合でも、就職や手に職をつけるなど、将来を見据えた準備を進めることが大切です。

就活エージェントを活用して、自分に適した就職先や理想の働き方を見つけましょう。