フリーター就職は難しい?厳しい現実と就職が決まりにくい理由

フリーター 就職 難しい

フリーターをしている方のなかには、アルバイトから正社員になりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、長期間フリーターとしてアルバイトしかしていないと、「フリーターは就職しにくいのでは」と不安を覚える方もいるでしょう。

そこで、フリーターの就職は難しいのか、フリーターが就職を成功させる方法について解説します。

フリーターの就職活動なら
就職エージェントの利用がおすすめ!


 

正社員就職を考えるなら、就活サイト/就職エージェントの登録は早めがお得。紹介可能な求人数は日々変化しますし、人気のホワイト企業から採用枠が埋まっていきます。

 

就活サイトに登録すれば、求人紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削が出来るから就職活動も効率良く進められますよ。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

 

フリーター向け就職/転職エージェントおすすめ10社比較

既卒向け就活サイトおすすめ10社比較

既卒向け就活エージェントおすすめ10社比較
ニート向け就職エージェントおすすめ10社比較

フリーター就職の厳しい現実

フリーターとしてアルバイトをしている期間が長いほど、就職をするのは困難になることが特徴です。

フリーターの就職が厳しい理由について、詳しく紹介します。

フリーター期間が長いほど就職は難しい

フリーターをしている方の年齢によっても異なりますが、何年もフリーターを続けており年齢を重ねている場合は、就職が難しい傾向にあります

つまり、フリーター期間が長ければ長いほど、就職できる確率は低くなるでしょう。

就業構造基本調査の調査データによると、フリーターをしている期間が半年以内であれば、8割ほどの方が就職しています。

しかし、フリーターでいる期間が5年以上になると、正社員就職できる確率は3割ほどであり、フリーター期間が長ければ就職できる確率も下がることが分かります。

30歳を超えると就職が難しい

年齢ごとの就職率のデータでは、10代や20代と比較し、30代以降のフリーターは正社員就職ができる確率が大幅に低くなっています性別を問わず、10代や20代の方が就職できる確率は高いといえるでしょう。

フリーターが正社員として就職すること自体は可能なものの、年齢を重ね30歳を超えると就職の難易度が高くなるため注意が必要です。

フリーターをしており正社員就職を目指す場合には20代のうちに、30代の方は可能な限り早く就職活動を始めたほうが良いでしょう。

フリーターは何歳まで許される?就職の限界年齢を男女別に紹介!
30代フリーターの末路がやばい|人生の難易度があがります

女性フリーターは選べる職種が限られてしまう

フリーターの数そのものは女性の方が多いですが、男女別のフリーター就職率を見ると、男性のほうが就職率は高いことが特徴です

女性の場合、肉体労働は困難なため、就職できる職種が限定されることが理由だといえるでしょう。未経験や社会人経験がないフリーターでも就職できる職種としては事務職が挙げられますが、求人数は限られています。

女性の場合は特に、30歳になる前に就職活動を行ったほうが良いでしょう

20代後半や30代になると、結婚や妊娠・出産をするケースが多くなるため、正社員になれる確率も低くなります。

理由は、採用して仕事覚えても、すぐに結婚し妊娠・出産となると、育休を利用する場合でも退職する場合でも採用する企業側にとってデメリットになるためです。

そのため、結婚、妊娠・出産を経ても働き続けられるような職種に絞らなければならないこともあるでしょう。

フリーター女性でも結婚できる?結婚したい男性と婚活の現実

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーター就職が難しいと言われる5つの理由

フリーターの就職が難しいと言われる主な理由について5つ紹介します。

フリーターの就職が難しい理由


  • 働いた経験(職歴)がないから
  • 特別なスキルや資格を持っていないから
  • やりたい仕事が見つからないから
  • 履歴書や職務経歴書が書けないから
  • 面接の対応ができないから

難しい理由①:働いた経験(職歴)がないから

フリーターの就職が難しいと言われる理由のひとつは、社会人経験がなく、職務経歴書に記載できるような経験がないためです

職務経歴を基にしたアピールポイントがないと、「企業に就職しても仕事ができないのでは」と自分に自信を持てず、積極的に就職活動をできないケースもあるでしょう。

また、面接の場面ではビジネスマナーについてもチェックされます。フリーターとしてアルバイトしかしていないと、ビジネスマナーが身につかないケースも多いです。

職歴がないことに加えてビジネスマナーが身についておらず、面接で失敗するケースもあります。

難しい理由②:特別なスキルや資格を持っていないから

正社員から転職をする場合には、業務経験のスキルや資格を持っているケースが多いですしかし、フリーターでアルバイトしかしていないと、特別な資格やスキルは持っていない方が多いでしょう。

採用担当者からすると、スキルも資格もないフリーターは、「就職した後どのように貢献してくれるのか」を判断できず、採用を見送ることも珍しくありません。

ただし、デザイナーやエンジニアなど専門スキルがや資格が必要な職種ではなく、販売員や事務職などであれば、採用段階の資格やスキルは重要視されません。

職種によっては、意欲や入社後の成長、長期間働き続けてくれるかなどを重視しており、資格やスキルがなくても採用されることがあるのです。

フリーターで資格やスキルを持っていない方は、意欲や伸びしろを重視してくれる職種や企業に応募しましょう

フリーターにおすすめの資格と勉強法|就職に有利な資格を厳選紹介

難しい理由③:やりたい仕事が見つからないから

フリーターは、「やりたい仕事を見つけられない」という理由で就職が難しくなることがあります。

面接では必ず志望動機を質問されますが、やりたい仕事ではないと志望動機も曖昧になり、アピールできず採用されにくいでしょう。志望動機が曖昧だと、採用担当者は「他の企業でも良いのでは」「労働意欲が低そう」などと評価します。

「フリーターではなく正社員になりたい」という理由だけで面接を受けても落ちてしまい、「やりたい仕事が見つからないから就職できないのだ」とネガティブな感情を抱いて、就職活動そのものから遠ざかってしまうケースも少なくありません。

やりたい仕事がない3つの理由と解決策!

難しい理由④:履歴書や職務経歴書が書けないから

履歴書や職務経歴書に記載できるようなアピールポイントがないという方や、そもそも履歴書や職務経歴書の書き方が分からないというケースも多いでしょう。

履歴書や職務経歴書を書くにあたって、自己分析を行い、自己PRや練らなければなりません。

自己分析は、これまでアルバイトでどのような経験をしたのか、アルバイトの業務や人間関係の構築などでどのようなことを学び、自分の適性を活かせたのかを分析する必要があります。

自己分析をしていないと、アルバイトの経験や業務内容を列挙するだけになり、十分にアピールできません。業務をするなかで自分がこだわりたいことや、自分への周囲の評価など、自己分析によって自分の強みを明確にすることで履歴書をスムーズに書けるでしょう。

履歴書は「自分をどのように見せるか」を重要視することがポイントです。履歴書や職務経歴書を書く前の準備や文章の組み立てかたなど、ポイントを押さえればスムーズに書けるようになるでしょう。

難しい理由⑤:面接の対応ができないから

フリーターの就職が難しい理由として、面接に対応できないことも挙げられます企業の面接とアルバイトの面接では雰囲気が大きく異なり、聞かれる内容も違うものです。

そのため、面接官の質問に的確に答えられなかったり、緊張して全く答えられなかったりといったこともあり、就職につながりません。

また、フリーターのなかには人と接するのが苦手なため、人と接することがない仕事を選んでフリーターをしている方もいるでしょう。

人と接することが苦手な方が正社員就職を目指して面接を受けても、緊張して面接に対応できず、「やはり自分は人とコミュニケーションを取れないのだ」とネガティブになってしまうこともあります。

面接で失敗したことがトラウマになり、企業の面接を受けることが怖くなり就職できないケースも珍しくありません。

面接前に個別の面接対策を受けたい方はフリーター向けの就職エージェントに登録することをおすすめします

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーターから正社員就職する方法

フリーターが正社員就職をするための主な方法について3つ紹介します。

ハローワークに行ってみる

ハローワークは数多くの求人を扱っており、求人を紹介してくれる場所です求人が多いことはメリットですが、カラ求人やブラック企業の求人も多いため注意しましょう。

ハローワークにカラ求人やブラック企業の求人が多い理由としては、料金が掲載料が無料であることや、掲載するための基準が厳しくないことが挙げられます。

インターネット上の求人サイトでは、企業側が掲載料金を支払っていますが、ハローワークは企業が掲載料を支払う必要がありません。ブラック企業の場合は社員がすぐに退職したり企業がクビにしたりするため、常に求人を出しているケースが多いです。

求人を出すための掲載料がかかってしまうため、無料で掲載できるハローワークを利用する傾向があります。

また、ハローワークは求人を掲載するための基準が厳しくはなく、企業情報や募集内容を登録するだけで求人を掲載できることから、ブラック企業や悪条件の求人が掲載されることも多いです。

さらに、ハローワークや企業が求人を管理していないこともあり、募集を締め切っていても求人を掲載したままにしているケースもあります。そのため、カラ求人も多く、求人を探したり応募したりする時間が無駄になることもあるため注意しましょう。

就職求人サイトに登録する

就職求人サイトは、1度登録してしまえば24時間好きな時に利用できるため、自分のタイミングで就職活動が可能なことがメリットです。

例えば、アルバイトが終わった後の夜中や、アルバイトに行く前の早朝に求人を確認して応募できます。また、アルバイトで経験したことがない職種でも自由に応募できることが魅力です。

就職エージェントに登録する

就職エージェントは、アルバイトで経験したことがある職種や業務内容を基に求人を紹介することが多いですまた、登録すると専属のスタッフがつくため、面接日や給料の交渉をしてもらえます。

さらに、履歴書や職務経歴書の作成方法を教えてもらえたり、模擬面接を受けられたりすることがメリットです。専属スタッフが非公開求人を紹介してくれることもあるため、自分の希望や適性にマッチした企業を見つけやすいでしょう。

就職求人サイトを使って自分で就職活動を進める方法と比較して、専属スタッフのサポートを受けられるため効率良く求人を探せることが魅力です

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーター向けおすすめ就職エージェント

おすすめ人気ランキング

フリーター向け就職/転職エージェント


第1位:ウズキャリ既卒

厳しい審査基準からブラック企業を除外

就職/転職エージェントを選ぶならココ!

 

第2位:DYM就職

一部上場企業からベンチャー企業まで

2,000社から書類選考なしで面接に進める

 

第3位:JAIC(ジェイック)

書類選考なしで面接に進める

ブラック企業も徹底除外対応

ブラック企業を徹底除外!
ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
求人数 1,500件
エリア 関東・関西・東海
対象者 フリーター・既卒・ニート
得意業界 全業界実績あり
書類選考通過率 87%
内定率 86%
入社後定着率 95%
運営会社 株式会社UZUZ

内定率86%、定着率93%の既卒/フリーター専門サービスキャリアカウンセラー全員が元既卒・元第二新卒だから安心。離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態など、厳しい審査基準からブラック企業を徹底除外。

ウズキャリ既卒を詳しくみる

既卒・フリーター向け就職支援
DYM就職

DYM就職

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
求人数 2,000件
エリア 全国
対象者 第二新卒・フリーター・既卒・ニート
得意業界 全業界実績あり
書類選考通過率 書類選考なし
内定率 非公開
入社後定着率 非公開
運営会社 株式会社DYM

第二新卒/既卒/フリーター/ニートの転職支援ならDYM就職。転職活動のプロが正社員就職をサポート。一部上場企業からベンチャー企業まで、厳選した2,000社から書類選考なしで面接に進めます。

DYM就職を詳しくみる

既卒/フリーター/未経験就職に強い!
JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
求人数 4,000件
エリア 関東・関西
対象者 フリーター・既卒・ニート・大学中退
得意業界 全業界実績あり
書類選考通過率 書類選考なし
内定率 81.1%
入社後定着率 91.5%
運営会社 株式会社ジェイック

既卒・フリーター・未経験からの就職成功率が高く、全ての企業を書類選考なしで進むことができます。ビジネスマナーから、面接対策、履歴書の書き方まで丁寧にサポート。紹介企業は厳しい審査基準を通過しているため、ブラック企業を徹底的に除外しています。

JAIC(ジェイック)を詳しくみる

まとめ

フリーターが就職を目指す場合には、就職エージェントを利用する方法が有効です

就職エージェントは無料で専属スタッフがサポートしてくれるうえに、非公開求人を紹介してもらえること、履歴書や職務経歴書の作成をサポートしてくれることなどメリットが多いです。

効率良く就職活動を行えるため、就職できる確率もあがります。

フリーターの就職が難しいと言われる理由を解消するために、就職エージェントを利用し、正社員就職を目指しましょう。