フリーターのひとり暮らしは本気できつい!辞めた方が良い3つの理由

フリーター ひとり暮らし

フリーターをしている方のなかには、親から離れたかったり年齢を重ねて実家暮らしをすることに抵抗があったりなどの理由で、ひとり暮らしをしたいと考えている方もいるでしょう。

しかし、フリーターでもひとり暮らしはできるのか、疑問や不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

そこで、フリーターのひとり暮らしが「きつい」と言われる理由や、ひとり暮らしをするために必要なお金や準備について詳しく紹介します。

フリーターの就職活動なら
就職エージェントの利用がおすすめ!


 

正社員就職を考えるなら、就活サイト/就職エージェントの登録は早めがお得。紹介可能な求人数は日々変化しますし、人気のホワイト企業から採用枠が埋まっていきます。

 

就活サイトに登録すれば、求人紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削が出来るから就職活動も効率良く進められますよ。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

 

フリーター向け就職/転職エージェントおすすめ10社比較

既卒向け就活サイトおすすめ10社比較

既卒向け就活エージェントおすすめ10社比較
ニート向け就職エージェントおすすめ10社比較

フリーターのひとり暮らしはきつい

フリーターは収入が安定しておらず、また、正社員と比較すると収入が低いことが一般的です

年金や住民税などの支払いのほか、車を持っている場合には車検や自動車税などの支払いもしなければならず、貯金できないケースが多いでしょう。

また、フリーターは基本的に時給で働くため、自分のスケジュールを優先できることがメリットですが収入は安定しません

自分のスケジュールを優先してアルバイトの時間を減らせば、収入は少なくなるため、休みを取りにくいことが多いです。

加えて、アルバイトは学生や20代前半のフリーターが多く、年齢を重ねるほど必然的に歳が離れたアルバイト仲間が多くなり、孤立する傾向にあります。

学生や若いフリーターから心配されたり、「かわいそうだ」という印象を持たれたりと、孤独を感じることがあるでしょう。働きにくくなりシフトに入る時間も短くなると、収入が減るという悪循環に陥ります。

フリーターのひとり暮らしは金銭的にも精神的にもきついといえるでしょう

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーターのひとり暮らしを辞めた方が良い3つの理由

フリーターがひとり暮らしをしないほうが良い理由について紹介します。

お金の不安は精神的な不安に繋がる

フリーターがひとり暮らしを始めると、生活費を捻出するだけで精一杯になり、給料日直前になるとお金がほとんどなくなることがありますフリーターは収入が低いため、家賃も含め15万円以下の生活を強いられることが多いでしょう。

生活費が15万円以下では、家賃のほかスマートフォン代や光熱費を支払うだけで精一杯になり、最終的に食費を削るといった体に負担がかかる方法で節約するほかありません。

つまり、フリーターのひとり暮らしでは、常にお金の不安がつきまとうのです。金銭的な余裕は精神的な余裕にもつながるため、お金の不安を抱いたまま生活していると精神的な不安につながり、情緒不安定になる可能性があります

実家に住む方が貯金ができる

フリーターの場合は、ひとり暮らしをするよりも実家暮らしをしたほうが生活費を大幅に抑えられるため、貯金できることがメリットです。

家賃や光熱費、スマートフォン代や食費がほとんどかからないため、ひとり暮らしと比較した場合、毎月の支出を10万円以上節約できることもあります。

また、貯金ができれば資格を取るための費用を捻出でき、スキルアップすることも可能です。スキルアップのために資格を取得すれば、正社員就職もしやすくなり、正社員として仕事を安定させてからひとり暮らしを始められます。

正社員就職をした方が収入もあがる

金銭的・精神的に余裕を持って健康な生活を送るためには、収入を上げることが重要です。収入を上げることによって毎日が充実するだけではなく、貯金も増えるためお金の不安がなくなり、精神的にも安定するでしょう。

収入を上げるためにアルバイトを増やす方法もありますが、正社員就職をする方法が有効です。正社員とフリーターでは、ボーナスや昇給といった福利厚生に大きな差があります。

フリーターの場合は時給が数十円アップする程度であり、大幅な収入増は見込めません。そのため、20代後半や30代以降になると、正社員とフリーターで収入の差は大きくなることが一般的です。

しかし、フリーターとしてアルバイトしかしたことがないと、正社員になれないのではと不安を覚える方も多いでしょう。なかには、将来性や人柄を重視する企業もあります。

特に、人手不足のITや福祉といった業界であれば、採用時のスキルより「成長できるかどうか」を重視するため、フリーターでも就職できる可能性が高いです。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーターのひとり暮らしは審査通過が最初の関門

フリーターが賃貸物件の契約をする際、まずは審査を通過しなければなりません。

賃貸契約の審査では、年収があるか、収入が安定しているかが重視されます。フリーターは「定職についている」とは判断されず、年収も低く安定していないため、審査を通過できない確率が非常に高いでしょう。

そのため、両親や正社員の兄弟・姉妹に契約をしてもらわなければならず、契約をお願いするにあたり気まずい思いをする可能性があります。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーターのひとり暮らしにかかる費用

フリーターがひとり暮らしをする際には、初期費用や引っ越し費用など数十万円がかかります。

具体的にどの程度の費用がかかるのかをチェックしておきましょう。

初期費用(敷金・礼金)

初期費用は、敷金・礼金のほか、前家賃や不動産会社に支払う仲介手数料などが挙げられます

初期費用は物件ごとに違いがありますが、敷金や礼金、前家賃はそれぞれ家賃の1ヶ月分、仲介手数料は家賃の半月分もしくは1ヶ月分が一般的です。

つまり、「借りたい物件の家賃×4ヶ月~4ヶ月半分」の費用を準備しておかなければなりません。

引越し代金

ひとり暮らしをする場合の引越し代金は、平均して3万円ほどです。ひとり暮らしの場合は荷物が少ないため、比較的引越し代金は抑えられるでしょう。

ただし、洗濯機がやエアコンの取り付け、ペットや観葉植物など特殊荷物の運搬を依頼する場合には、オプション費用を支払わなければならず、3万円以上の引っ越し代金がかかることがあります。

なお、家具や家電を引越してから購入する場合には、引越し業者に依頼せずレンタカーを借りて友人や知人に手伝ってもらう方法もあるため、さらに引越し代金を抑えられるでしょう。

毎月の家賃

フリーターがひとり暮らしをする場合、最も大きな割合を占める固定費は家賃です

基本的に、家賃は月収の30%ほどの金額までに抑えましょう。ただし、収支をシミュレーションし、収入が減ることも考慮したうえで、30%以下に抑えなければならない場合もあります。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーターの平均月収と家賃の目安

フリーターとして働いている方は、自分の月収に見合った家賃の物件を探すことが大切です。

月収に見合わない物件に住むと、必要な生活費が足りなくなる可能性があるため注意しましょう。

平均月収ごとの家賃の目安は以下の通りです。

  • 月収13万円:4万3,000円
  • 月収14万円:4万7,000円
  • 月収15万円:5万0,000円
  • 月収16万円:5万3,000円
  • 月収20万円:6万6,000円

月収から換算して3分の1程度の家賃になるよう、月収に見合った物件を探しましょう。

フリーターの平均年収は?男女別・時給別の収入の違いを比較

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

フリーターでもひとり暮らしを実現する方法

フリーターでひとり暮らしをするのは「きつい」と理解していても、どうしてもひとり暮らしをしたい事情がある方もいるでしょう

そこで、金銭的に無理なく、ひとり暮らしをする方法を紹介します。

①家賃の安い田舎に住む

家賃は最も大きな固定費のため、少しでも家賃が安い物件を探すことがポイントです

例えば、家賃が5,000円安ければ、年間で計算すると10万円以上の節約になります。都心は家賃が高いことが一般的なため、家賃が安い田舎の物件を探しましょう。

ただし、アルバイト先に通いやすい範囲で探すことが重要です。

他にも、部屋の広さや最寄り駅から何分の場所にあるか、築年数はどのくらいかによって家賃が変動するため、自分が希望する条件を明確にしたうえで物件を探す必要があります。

希望の条件が厳しいと住める物件がなくなるため、どうしても叶えたい条件を2~3個ピックアップしましょう。

②アルバイト収入を増やす

アルバイトの収入を増やすためには、アルバイトを掛け持ちしたりアルバイト先で時給アップを目指したり、高時給のアルバイトに変えたりといった方法が有効です

「貯金をしたい」「娯楽費にかけるお金を増やしたい」という場合には、効率良くお金を稼げる仕事を探す必要があるでしょう。
例えば、小売店や飲食店は早朝・深夜の時間帯の時給が上がるケースが多いです。

働く時間帯を変更するだけでも、収入を増やせる可能性があります。ただし、一般的な時給と比較して高額で、仕事の内容も怪しいと感じる仕事をしないように注意が必要です。

犯罪に巻き込まれる可能性があるため、安全かつ無理なくアルバイト収入を増やせるよう、仕事内容を見極めることも大切です。

フリーターおすすめアルバイト10選!

③毎月の出費を最大限まで減らす

毎月の支出を最大限まで抑えるためには、固定費の金額を下げましょう。

固定費は家賃のほか、光熱費、水道代、通信費など毎月の支出額が大きく変動しない費用のことです。家賃は減らせませんが、通信費や光熱費、水道代といった固定費用に関しては、可能な限り抑える抑えられるよう工夫しましょう。

例えば、スマートフォンを格安SIMに変更するだけで毎月数千円節約できたり、家賃が低い物件に引越せば数万円固定費を減らせたりします。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

ひとり暮らしを実現するなら正社員就職が確実

フリーターでひとり暮らしをすることは可能ですが、金銭的な不安を拭えず、心身ともに健康な生活を送れるとはいえないでしょう。

毎月の生活費を捻出するのが大変なだけでなく、アルバイトをする時間が少し減るだけでも生活が不安定になります。そのため、フリーターではなく正社員就職をしたほうが、無理なくひとり暮らしを実現できるでしょう。

正社員とフリーターでは、同じような業務内容でも収入が大きく異なります。フリーターで正社員と同じぐらいの給料を稼げていたとしても、将来を考えると正社員になったほうが生活が安定するでしょう。

ひとり暮らしを実現するためにだけではなく、将来への不安を払拭するためにも、正社員就職をしたほうが良いといえます

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

まとめ

フリーターとして働きながらひとり暮らしをすることは可能ですが、金銭的に大変な場面が多く、安定した生活するためには毎日工夫と努力をし続けなければなりません。

「ひとり暮らしをしたい」という自立心は大切ですが、生活費は決して安くはなく、フリーターのままでは将来のための貯金をできる可能性も低いです。フリーターでは金銭面で苦労することになるため、正社員就職を目指す方法が有効だといえます。

フリーターでも応募できる案件を多く扱う就活サイトを利用し、エージェントのサポートを受けることで効率良く就活を進められます。

ひとり暮らしを実現し、楽しく安定した生活を送るためにも、正社員就職を検討しましょう。

フリーターの就職活動なら
就職エージェントの利用がおすすめ!


 

正社員就職を考えるなら、就活サイト/就職エージェントの登録は早めがお得。紹介可能な求人数は日々変化しますし、人気のホワイト企業から採用枠が埋まっていきます。

 

就活サイトに登録すれば、求人紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削が出来るから就職活動も効率良く進められますよ。

おすすめの就職エージェントを早速見てみる

 

フリーター向け就職/転職エージェントおすすめ10社比較

既卒向け就活サイトおすすめ10社比較

既卒向け就活エージェントおすすめ10社比較
ニート向け就職エージェントおすすめ10社比較